BLOG

ブログ

技術レベルはここをチェック

数多のかつら店の中から「本物の技術者がいる店」を探すのは容易な事ではありません。実際私もとても苦労しました。
その経験の中から、ここをチェックすればハズレを引かないなという部分があるので、書きとめていきたいと思う。

@オーダーメイドでかつらやウィッグを作ることができる。
 応対しているスタッフがオーダーメイドでかつらやウィッグを作ることができなければ、他の店に向かうことを勧めます。”オーダーでなくても大丈夫”と”オーダーを受けることができない”のではだいぶ違います。

@セロファンでの型取りができる。
 自分が使っているような全頭タイプの型取りができれば、ほぼ大丈夫でしょう。熱したシートでは全頭カツラの型取りは無理だし、ストッキングみたいなのをかぶって写真を撮る方法は意外とゆがみが出やすいようです。
原始的ではありますがセロファンでの型取りができれば、そのスタッフはベテランです。

@自分の髪の毛からかつらを作ることができる。
 自身の髪(提供された髪の毛)からかつらやウィッグを作ることはとても大変で手間のかかる事のようで、アートネイチャー、アデランス、スベンソンなどの大手と言われているところでは作ることができない(面倒で儲からないから)
工場での髪の管理が大変でラインに流せない。

@即日での修理ができる。
 その場で修理をしてくれる店であれば、まず間違いはないと断言できる。かつらのことを知り尽くしたスタッフがいるということ以外に何の心配があるだろう。

@理美容師の資格を持っている。
 最低限理美容師の資格を持っているかの確認はした方がいい。理美容所の開設届が掲示してあれば大丈夫と思いがちだが、今そこにいるスタッフが資格を持っているとは限らない。

@一般サロンとの付き合いがある。
 大手かつらメーカーの様に、かつら屋さんを紹介するプログラムではありません。自身の店でかつらを扱うサポートプログラムがあるかどうか(『サロンウィッグ』と言うらしく商標もあるようだ)をチェック。相手はプロですからごまかしがききません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。